我が家の息子、現在年中さん。

野菜・果物を全く食べません。
肉も食べたり、食べなかったり。
離乳食の時は、パクパクと何でも口にして喜んで食べていたのに、今では、野菜を見るだけで「ウェッ」という声を発します。
まぁ、そのうち、なんとかなるか、幼稚園でも給食だし、先生方もどうにか食べさせてくれるだろうとのほほんとしていましたが、
先生方もお手上げ状態。
毎学期末に行われる二者面談でも、常に給食についての話題。
「幼稚園の給食は、お弁当箱に入って出てくるのですが、息子君は、ふたを開けません。」
「口に入れてあげるのですが、ウェっと出してしまいます。」
「果物は、お姉ちゃんに持って帰ると言って鞄に入れようとします」
このような会話が永遠と続きます。
そして、最後には、
「小学校に上がる前までには、どうにかなるように家庭でも努力してください」と言われます。
家庭でできる努力はしています。
例えば、カレー。
ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、みじん切りにして、煮込んで煮込んで、形がわからないくらいにして、息子の口に入れます。
果物を食べないので、100パーセントのオレンジジュースをおやつに出してみたり。

トマトを食べないので、ハンバーグにトマトケチャップをつけてみたり。
自分で野菜を育てると、野菜嫌いがなくなるかもという記事を読み、トマトを育ててみましたが、全く口にせず。
一体、どうして野菜と果物が食べられないのか、不思議。
息子の好き嫌いは、すべて食べず嫌い。
バナナもりんごも口にしていないのに、嫌いだと言います。
「野菜食べないと、大きくならないよ」
と言ってもあまり効果はありません。
しかしながら、あまり食べない割に、そんなに背が低いというわけでもなく、体格も良いので、やはり、まっ、いっかとなってしまいます。
また、息子の好きな食べ物は、しらすと納豆。
なんだか栄養がばっちり取れそうな食べ物なので、私がご飯を作るのが面倒くさいときなど、ご飯としらすと納豆の時があります。
息子は、喜んで、この3つを食べるので、有難いと言えば、有難いです。

 

あまり、食べることに興味のない息子ですが、食べる時の姿勢は大変美しいです。
ちゃんと正座をし、「いただきます」と言ってから、食べ始めます。
食べ始めると言っても、すぐに箸を置くので、私が今も食べさせているのですが。
以前、息子に「寝ながら食べると牛になるよ」と言った言葉がよほど印象が強かったのか、息子は、寝転んだりしながらご飯を食べることはありません。
そこは、息子の良いところだと思っています。